まるで自分の歯

インプラントとはなにか

インプラント治療は、見た目にはわかりません。
自分さえインプラント治療したと周りに申告しなければ、気づかれるようなことはないでしょう。
それが入れ歯や差し歯との違いですよね。
入れ歯は人工的な感じがすごくしますし、差し歯やブリッジは金具が見えてしまうこともあり、歯茎の色が悪くなってしまいます。

インプラントならばそれらの問題はなく、見た目には全く自分の歯という感じがします。
もちろん自分自身違和感がないので、だからこそインプラントの人気は高いです。
インプラントは見た目にはわかりませんし、周りに気づかれるようなことはありませんが、レントゲン写真を撮影するとインプラントだとわかるのでしょうか?インプラント治療には、金属が使われています。
チタンでインプラントは作られているため、レントゲン撮影するとレントゲン写真にしっかりと移ります。

インプラント治療している口をレントゲン撮影すると、金属部分が白く写り目立ちますが、レントゲン撮影なので問題ありませんよね。
見た目で普通にわかるならば気になってしまいますが、レントゲン撮影は特別な時にしか行いませんし、レントゲン写真を見る相手も友達ではなく病院の先生です。
ですので、レントゲン写真に写るからと言って気にする必要はないでしょう。
レントゲン撮影以外で、インプラントをした歯とそうでない歯をには出るのは難しいです。

それくらいインプラントは自然だと言うことです。
インプラント治療するならば、インプラントトラブルも気になりますよね。
インプラントトラブルは病院の不衛生な管理や、医師の技術不足によって起こってしまうことがほとんどです。
インプラントトラブルで多いのは、痛みや腫れです。
そうならない為にも、衛生管理が行き届いているしっかりとした病院を選んでいかなければなりませんし、インプラント経験が豊富で知識もしっかりとある先生を選んでいきましょう。
ホームページを見ると実績や日本口腔インプラント学会認定医かどうか確認することができます。

Copyright(C) 2013 自然に近い歯 All Rights Reserved.